リハビリテーション科

安全かつ最高のパフォーマンスが発揮できるようサポートしていきます

ケガをしてしまった場合、安静にしているだけが出来ることではありません。もちろんケガの程度や種類によっては安静が必要となる場合もありますが、痛みをとったり炎症を抑えたりするためには実は色々できることがあります。

患部は安全に、できる範囲で動かすことにより組織の修復が促進され筋力の衰えも最小限に食い止めることができます。また健康な部位をトレーニングすることにより患部の治癒促進と委縮防止に効果があることもわかっています。

以上のことからも、今までの日常生活に少しでも早く戻るために、リハビリを推奨しております。


スポーツをされる方へ

痛みがなくなり日常生活に戻れてもスポーツが行える状態ではありません。当院ではジョギングを開始できるレベルを判断し、それまでに何が必要なのか段階的に進めていきます。その後競技特性に合わせたリハビリを継続しつつ、安全かつ最高のパフォーマンスが発揮できるようサポートしていきます。

かもめClinic のリハビリテーション科の理念

【 信頼 】

かもめClinic に受診すれば「大丈夫」。地域の皆様が何でも相談できるクリニック


【 自立 】

痛みを取り除くだけでなく、運動を習慣化することで患者様の自立を促すクリニック


【 笑顔 】

かもめClinic に来院した患者様はもちろん、関係者の皆様も満足させるクリニック

かもめClinic のリハビリテーション科の特徴

【その1】運動器リハビリテーションIの施設基準をクリア

かもめClinic は運動器リハビリテーションIの施設基準を取得している。


運動器リハビリテーションIとは
運動器リハビリテーションを経験している医師の他、専従の常勤理学療法士が複数在籍し、一定以上の面積を有するリハビリテーション室を確保するなどの施設基準をクリアした医療機関が認定されます。


【その2】理学療法士によるリハビリテーション

専従理学療法士が患者様の身体機能を評価し、お一人お一人の状況に応じたリハビリテーションを行っています。


【その3】アスレティックトレーナーによるリハビリテーション

各種スポーツに精通した、アスレティックトレーナーにより、スポーツパフォーマンス向上を目的とした運動指導や中高年の方々に対して、ホームエクササイズに指導も行っております。


【その4】チームでサポート

様々な症状の患者様を整形外科専門医/日本体育協会公認スポーツドクターと理学療法士、そして、アスレティックトレーナーがチーム一丸となり、運動療法を中心にリハビリテーションを行っております。


【その5】物理療法

◎ 低周波・干渉波治療器

低周波治療や干渉波治療を組合せ、神経や筋に電気刺激を与えることにより、痛みの緩和や筋萎縮の改善を図ります。


◎ 頚部/腰部牽引治療器

頚椎や腰椎を引き伸ばすことにより、椎間板や椎間関節にかかる圧を低下させて痛みを緩和します。また、軟部組織の血行改善や筋緊張の緩和などの作用があります。


◎ 寒冷療法

アイシングの役割は怪我の応急処置、早期回復のためです。ただし、正しく行わないと、逆に怪我の治りを遅らせてしまうこともあります。また、疲労回復にも効果的です。


◎ 温熱治療

加温されたホットパックで患部を覆うことにより、皮膚や皮下組織などの表在組織に温熱効果を与えることができます。


◎ SSP療法

SSP 療法とは「SSP 電極を"ツボ"に置き、低周波通電を行うツボ表面刺激法」のことをいいます。つまり、"SSP"と呼ばれる特殊な金属電極を用い、"ツボ"を刺激するところが、この治療法の最大の特徴です。数ある皮膚表面電気刺激量法の中でも、このようにツボを明確に治療のターゲットとして定義づけているのはSSP 療法だけです。SSP 療法とは経皮的ツボ電気刺激Transcutaneous electrical acupuncture-ike stimulation (TEAS) に他ならないわけです。ちなみにSSP とは Silver Spike Point の略で、銀色の尖ったコマ状電極のことです。この電極によってツボを効果的に刺激することが可能になるわけです。


◎ 超音波治療器

① 深部の患部も立体的に直接温める立体加温

超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で、温熱作用を発生させ、超音波が到達している範囲を立体的に温めることができます。


② 1秒間に数百万回のミクロマッサージ効果

1つのブローブで1MHz・3MHz に対応しており、ブローブの中の結晶体を伸縮させることで「圧電効果」による音波を発生します。1 秒間に100 万回 (1MHz) / 300 万回 (3MHz) の高速度ミクロマッサージにより、深部に直接刺激を与えることができます。

リハビリテーションとは

リハビリテーションは能力の低下やその状態を改善し、障害者の社会的統合を達成するためのあらゆる手段
を含んでいる。リハビリテーションは障害者の環境に適応するための訓練を行うばかりでなく、障害者の社会的統合を促す全体として環境や社会に手を加えることも目的とする。そして、障害者自身・家族・そして彼らの住んでいる地域社会が、リハビリテーションに関するサービスの計画と実行に関わり合わなければならない。(世界保健機関 WHO 1981 年)

理学療法とは

理学療法とは病気、怪我、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の
維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。


「理学療法士及び作業療法士法」第2 条には「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」と定義されています。

運動療法とは

外傷 (急性・慢性) 、疾病、疲労などによる身体各期間の機能低下や、それに起因する障害に対して、各種の運動を用いて改善を図っていくものです。身体状態への効果を期待し、明確な目的をもった具体的な運動として、各種のエクササイズを指導、施行していくことです。
運動療法の目的は主に「筋力強化」「関節可動域改善」「歩行動作改善」「日常生活動作改善」などです。

徒手療法とは

施術者が直接患者の身体に触れ、患者の身体を操作、または患者自身に動いてもらったり、患者の身体を他
動的に動かたりして、痛みや機能の改善を図る方法です。

物理療法と

物理療法とは物理的なエネルギーを生体に与えて、疾患の治療や予防を行う医学的な方法です。

クリニック概要

整形外科・リハビリテーション科

かもめClinic

〒194-0013
東京都町田市原町田6-17-6 町田MHCLビル1階

四谷大塚のビルの1階です。

TEL:042-850-8598

小田急線「町田駅」東口より徒歩1分
JR横浜線「町田駅」北口より徒歩7分

▼ 診療時間
月・火・木・金 9:00 - 12:30 15:30 - 19:00
土 9:00 - 12:30  14:00 - 16:00
休診日 水・日・祝日

診療時間 日・祝
9:00 ~ 12:30
15:30 ~ 19:00